ふみの出会い系不倫日記

いい年した主婦ふみが
出会い系で一生懸命彼氏を探して
さまよう様を
備忘録として書きちらしてます

【しんすけ】29回目のデート クリスマスデート④がまんできない

じらしにじらしたし
そもそもエッチがひさしぶりで
彼の勃起はすさまじかった
ぱんぱんに膨らましている
ちろちろとなめ回しながらときどき彼を見上げると
じっとその様子を凝視している彼と視線が交差する


自分のナニをなめ回す
サンタコスの女


上目遣いで見上げるとよけいに彼が興奮するのが
ナニのふくれあがり方でわかる


さんざんちろちろなめ回し
手は手で彼がパイプカットしたあたりを優しく包む
ときどき蟻の門渡りまで指をやると
彼は声をあげた


それを合図に
ふみはフルートのようにさおを舐めていたのをやめ
彼の亀頭をわざとすぼめた唇の中に押し込んでいく


じゅぶじゅぶじゅぶ


口の中に彼の亀頭が入ってくる
口腔内ではふみの舌がまた這い回る


彼は腰を押したり引いたりして快感をしめす


それがうれしくなって
ふみはわざと音を立てながらピストンしはじめた


ふみの口元から見え隠れするナニはそれはそれは
ひわいだっただろうか


ときどき口からそれを離すと
唾液が糸を引いて光った


彼の手はいつのまにかふみの
サンタコスの肩ひもを両方ともはずしていて
完全にチューブトップの状態から
胸に手を入れてきた


攻守交代とばかりにふみの乳首を攻めると
ガクンと力が抜けて舐めていられなくなった


チューブトップから両胸をあらわにし
彼の両手がふみの乳首を攻める
ふみの腰はガクガクしてきて
中から溢れてくるのがわかる
でも生理中だ
どうしよう


舐めるふみにおおいかぶさって
両手で乳首を攻められる
かろうじて舐めているけど
これがほしくてしかたない


アルコールは欲望をむき出しにする


「やっぱりだめ、これがほしい…」


ふみはナニから唇を離すと
ベッドに腰かけていた彼をいちど立たせて
仰向けに寝かせると
その上にまたがり
生理中にもかかわらず
生理用ショーツをぐっと左によじらせて
彼のペニスの上に腰を下ろしだした